医薬品副作用被害救済制度について


 病院や診療所で処方されたお薬、薬局で購入したお薬を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害などの健康被害について救済する制度です。
 医薬品は、適正に使用していてもなお、副作用を完全に防ぐことは困難です。胃のむかつきや眠気などの軽い症状で済む場合もあれば、まれに入院が必要となるほどの重篤な副作用もあります。このように入院治療が必要になるなどの重篤な健康被害が発生した場合には、救済給付を行う公的な制度があります。

詳しくは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページをご覧下さい。