平成30年度患者のための薬局ビジョン推進事業実施のお知らせ

                         健康情報拠点推進委員会

 

 平成30年度患者のための薬局ビジョン推進事業では、厚生労働省より4テーマでのモデル事業募集があり、秋田県薬剤師会では「薬局薬剤師と病院薬剤師の連携(薬薬連携)等の地域連携を担う人材育成事業」に応募し採択されましたので、今年度モデル事業を実施する運びとなりました。
事業内容は下記の3事業となります。つきましては、今後会員の先生方には本モデル事業へご協力ご参加くださいますようどうぞよろしくお願い致します。
 なお、事業参加、研修会や事業前説明会など開催情報は、こちらのホームページへ随時掲載となりますので、よろしくお願い致します。

 

※平成30年度患者のための薬局ビジョン推進事業
「薬局薬剤師と病院薬剤師の連携(薬薬連携)等の地域連携を担う人材育成事業」
『患者を地域へ繋げるための人材育成』
退院時共同指導を薬薬連携の場とし、互いの業務を理解しながら、保険薬局
薬剤師の在宅力アップにつなげる

【主なモデル事業内容】
1.退院時共同指導の推進(薬剤師会による支援、退院時共同指導の見学)
2.ミニ臨床薬剤業務研修(病院薬剤師の業務を知る:病院での研修)
3.ICTを活用した薬剤管理サマリー(薬剤師双方向の情報提供による情報共有)


告知案内