薬剤師の社会的使命と仕事

3.薬剤師の社会的使命と仕事

薬の専門家です

みなさんは薬剤師という職種についてどんなイメージをお持ちですか? 
病院で薬の調合をしたり町の薬局でかぜ薬や胃腸薬などを販売する姿を思い浮かべるでしょう。 
それも薬剤師としての大切な仕事ですが、薬の専門家としてやらなければいけないことが他にもたくさんあります。

特に、これからの薬剤師の仕事の重点は「患者さん」を中心に考えた業務です。

製薬会社・卸の薬剤師

新しく開発された薬の情報や医薬品の副作用・不良品などの情報を病院や薬局へわかりやすく正確にしかも迅速に伝達します。

薬局の薬剤師

薬の飲み合わせや飲み過ぎによる危険が起こらないように注意しながら、医師の処方せんに基づいて調剤を行い、患者さんに対して薬の飲み方・使い方の指導を行います。

病院の薬剤師入院中の患者さんを訪れ、薬が正しく飲まれているか確認したり、相談に応じ、さらに体の中の薬の量を測定して、効果的な薬の与え方を工夫します。