病院の薬剤師はどんな仕事をしているのでしょうか

これまでの病院の薬剤師業務 これからの病院の薬剤師業務
外来や入院している患者さんのための調剤業務が主体で、とても忙しかったのです。このため患者さんよりも薬の方に目が向いていたという反省が生まれてきました。 外来の患者さんは院外処方せんをもらって町の薬局で調剤してもらうことになるので、病院の薬剤師は入院している患者さんへのきめ細かな対応に仕事の重点を移すことができるようになります。

病院薬剤師の活躍の場

■病院薬剤師は医師や看護師といっしょに医療チームの一員として、臨床の場で活躍することが多くなります。

公衆衛生学実習

薬理学実習

分析学実習